フライングチューブはどうしてとぶの?

  1. スライド5.JPG

    まず、フライングチューブには、マグネットテープでおもりをつけています。
    どうしておもりをつけるのでしょうか?

    フライングチューブを1枚のつばさで考えてみましょう。
    つばさには重力という下向きの力と、空気抵抗という上向きの力がはたらいています。

  2. スライド6.JPG

    つばさを横から見ると、重力はつばさの真ん中に、空気抵抗はつばさの進む方向の先にはたらいています。

    2つの力は位置がずれているため、つばさが回転してしまい、安定してとぶことができません。

  3. スライド7.JPG

    そこで、つばさの先におもり(クリップ)をつけてみます。

  4. スライド8.JPG

    おもりをつけると、真ん中にあった重力の位置がつばさの先に移動します。
    すると、重力と空気抵抗はたらく場所が同じになり、つばさが回転することなくとぶようになります。

    つまり、マグネットテープはフライングチューブを安定してとばすために、とても大切なものなのです。

  5. スライド10.JPG

    次に、フライングチューブをなげる時は、時計方向に回転させながらとばします。
    どうして回転させるのでしょうか?

    フライングチューブを普通になげてみると、くるくると姿勢をくずしながら、重力によって下におちてしまいます。

    しかし、回転させながらなげてみると、姿勢が水平になり、安定してまっすぐとばすことができます。

  6. スライド12.JPG

    ものを回転させた時、回転している姿勢のままでいようとすることを、ジャイロ効果といいます。
    これは回転がはやいほど、姿勢は安定します。
    また、慣性という同じ姿勢のままでいようとする力がはたらき、安定してとぶことができます。

    つまり、フライングチューブをよりはやく回転させられれば、水平に遠くまでとばすことができます。


    ※ジャイロ効果は、自転車をイメージしてみましょう!