自由研究でわかりやすいグラフを描こう!

  1. スライド1.png
    自由研究でとったデータを、わかりやすいグラフにしてみましょう。

    数字が並んでいる表だけではわからない事実が、グラフにして初めてわかります。
    逆に考えると、いい自由研究をするためには、わかりやすいグラフを描かないと何も発見することができません。
  2. スライド2.png
    方眼紙を用意してグラフを描いてみましょう。
    方眼紙は、文房具屋さんに売っています。家にパソコンがある人は、インターネットからダウンロードして、プリンターで印刷することもできます。

    検索画面で「 方眼紙 フリー 」と検索してみて下さい。

    ※学校で表計算ソフト(Excelなど)の使い方を習った人は、それを使ってグラフを描いても大丈夫です。
  3. スライド3.png
    表1のような家族の体重のデータをグラフにする場合は、どんなグラフを描くといいのでしょうか?

    表の数字だけをみていても、家族の体重の違いがわかりにくいですね。

    早速、グラフを描いてみましょう!
  4. スライド4.png
    比べたいデータの種類が多い場合は、棒グラフが向いています。
    ちょうど、背の高さを比べるように、データの比較をすることができます。

    棒グラフが向いているデータの例
    ※ 場所の変えて育てた植物の高さの比較
    ※ 場所の違いによる水中のプランクトンの数の比較
    ※ 保温の方法を変えたときの1時間後の水の温度の比較
    ※ 日なたと日陰で育てた朝顔の種の数の違い
  5. スライド5.png
    次は、一つの種類のデータが連続して変化していくようなデータをグラフにするには、どんなグラフがいいのでしょうか?

    表2は、お母さんの1年間の体重の記録です。このデータは、1年の間、つづけて記録を続けたデータですので、とても色々なことがわかるはずです。

    ですが、表の数字だけでは、よくわかりませんね?
    早速グラフを描いてみましょう!
  6. スライド6.png
    つづけて記録をとり続けたデータの変化などを表すには、折れ線グラフが向いています。

    時間がたつにつれて出てくる変化など、連続して観測した値を比較する場合には、折れ線グラフが便利です。

    グラフを描いてみると、お母さんの1年間の体重変化のリズムがわかりますね。
    秋から冬にかけて、美味しいものをしっかり食べるためのダイエット?

    折れ線グラフを描くとわかりやすいデータの例は、
    ※ 毎朝8時に測定した植物の高さの変化
    ※ 100℃のお湯の温度をコップに入れて5分ごとに測定したときの水温の変化
    ※ 晴れた日の締め切った車のダッシュボードの表面の温度を5分ごとに測定した結果
    などがあります。参考にしてみて下さい。
     
  7. スライド7.png
    グラフを描く大事なポイントは、データがなんのデータなのかを、すぐにわかるように描くことです。

    ※ グラフの軸の名前や単位
    ※ 目盛の数字の大きさ
    ※ くっきりと描かれた目盛線
    ※ 本文を読まなくても何のグラフかわかるように書かれた説明文

  8. スライド8.png折れ線グラフの場合は、値をとった点のまわりに、マーカーという図形を描いて、値の変化が明確にわかるようにします。

    折れ線の場合、点だけですと線が重なってしまって、値がみえなくなってしまう時があります。

    形は、○、△、□、◇などを用いて、中を塗りつぶしたり、空白のままにしたりすることで、折れ線を重ねて描く場合でも点が区別できるようにします。

    今回は、棒グラフと折れ線グラフのみを取り上げましたが、自由研究で最も使うグラフですので、どうすれば見やすく、わかりやすくなるのか工夫してグラフを描いてみて下さい。